パソコン廃棄の処分法とセキュリティ対策に気を配ろう

取り扱い機器をホームページで確認

パソコン廃棄を依頼する方法は業者によって異なります。どういった状態のパソコンを引き取ってくれるのか、パソコン以外の電子機器も回収してくれるのかを確認するためには、まずホームページを閲覧しておきましょう。

パソコン廃棄の方法

どういった方法で回収しているのかを確認しよう

パソコン回収を行う業者には、依頼申込が必要な場合とそうでない場合があります。申込が必要な場合はホームページに受注フォームが用意されているので、そちらから申込を行うと良いでしょう。フォームがない場合は、電話での受付となります。

申込不要なサービスなら送るだけ

パソコン廃棄を無料でやってくれる業者もあります。その場合依頼申込も不要なケースがあるため、直接業者にパソコンを郵送することとなります。ただ取り扱っていない商品を送るとそのまま送り返されてしまうので、どういったものを扱っているのか必ず確認しましょう。

店舗型の回収窓口も有り

回収窓口を設けている業者なら、窓口に直接パソコンを持っていって回収してもらうことも可能です。この場合電車や車で行ける圏内にあることが望ましいですが、複数の窓口を設けている業者もあるので調べておきましょう。

お店で回収してもらえることも

家電量販店やパソコン販売店の中には、不要パソコンの回収を行っている店舗もあります。そういった店舗ではレジとは別に窓口を設置している場合が多いので、お店に行って確認しておくと良いでしょう。

自治体によっては回収BOXも

自治体によって異なりますが、小さいモバイルPCやスマホ、ガラケーやデジカメなどを回収するBOXを設けている場合もあります。自分の自治体でそういった小型家電の回収BOXが無いか、確認してみると良いでしょう。

自分に合った方法で処分

PC

パソコンを手放す際に心配なこと

不要なパソコンを手放す際に不安なのが「個人情報が漏れてしまわないか」ということです。クレジットカード情報や現住所、SNSのアカウント情報などが漏れてしまうと、その情報を悪用した様々な被害に遭う可能性もあります。

多くの業者ではデータの管理を徹底しています

パソコン廃棄を行う業者は、業者ごとに徹底した管理でパソコンを守っています。完全に破壊してデータが無くなるまではセキュリティの行き届いた場所に保管しておくので、個人情報が漏れてしまうリスクはかなり低いです。

危険性の高い回収ボックス

個人情報の流出に注意すべきなのが、回収ボックスにスマホやモバイルPCを投函したときです。投函した端末に個人情報が残っていた場合、ボックスから端末が盗まれてしまうと個人情報が悪用される可能性があります。

どうしても不安な方にお勧めな方法

他人にパソコンを渡すのが不安という方は、預ける前に自分ができる方法でデータを消去しておきましょう。パソコンがまだ起動できる状態であれば、パソコンのHDDをフォーマットして真っさらな状態にすると良いです。

物理的に破損した状態でも回収可能

物理的に壊れてしまったHDDを回収してくれる業者もあります。個人情報を消す一番の方法は物理的に壊してしまうことなので、どうしても不安な場合はデータが入っている部品だけ壊してしまいましょう。

広告募集中